4時のバカっ晴れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月11日





2年が経ちました。
上の写真は、今日、2013年3月11日のJR長町駅付近です。

3月11日はたくさんの人のたくさんの思いが行き交う日ですね。
改めて、亡くなられたみなさんのご冥福をお祈りし、
今も辛い思いをされながら日々を過ごされているみなさんに、
一日も早く安心して暮らせる日が訪れるようお祈りいたします。

そして、ついつい「自分がなにをしたか、できたか」ばかり気になってしまうのですが、
あのとき、たくさんの方に励ましや心配のお気持ちをいただいたことも決して忘れません。
たくさんのお心が本当にうれしかったです。ありがとうございました。


私自身があの日どうしていたか、
仙台にいながら被害が最小限だったため、話すこともはばかられる思いでしたが
2年経ちましたので、メモのつもりでここに書いておこうと思います。


不思議なもので、あの日のことは詳細に覚えています。
地震が来る前、お昼に何を食べて同僚とどんな話をしたかまで思い出すことができます。

地震が起こったとき、私は当時の職場にいました。
免震の大きなビルの10階でした。
ビル自体が免震でしたので、ここが倒壊することはないという安心感はありましたが、
そんな免震のビルの壁に亀裂が入っているのを見て、
我が家の1階はつぶれているかもと腹をくくりました。

外回りをしている社員の安否確認が終わるまで、2時間ほどビルから出られませんでした。
その間に、会社の緊急時用の回線で家族に電話をしましたが、つながらず。
何度もかけてやっと父と話しました。

外はすごい吹雪で、窓から、新幹線が線路の途中に止まっているのが見えました。
まわりのビルから人が続々と出てきて集まっていました。

その間にも震度5くらいの揺れが何度も何度もやってきます。
どこかのワンセグから津波の情報が漏れ聞こえてきます。
でも、その時点では到達予想の高さは2mと言っていたのです。
そのうちに携帯の電池もなくなり、情報もわからなくなりました。

退社するように言われ、車で20分の道のりを1時間半かかって帰りました。
なにしろ信号はすべて消え、何度も大きな揺れが来るので、なかなか進みませんでした。
それでも交差点では誰もが譲り合い、混乱やいがみ合いもなくゆっくりと車の列は進みました。

帰り着くと、なんと全壊したと思われた我が家は形がありました。
ただ、玄関が歪んでドアが開かなくなっていました。
なぜか1つだけ鍵のかかっていない窓を見つけて、そこから中に入りました。

揺れの方向のせいか、幸いなことに、
物は落ちまくっていましたが食器棚などの危険なものは無事でした。
(あとで水道管が破裂していたことが判明するのですが)
とにかく明るいうちにと、懐中電灯とラジオを見つけ出し、
周辺の様子を見に行くことにしました。

ラジオを聴きながらコンビニを頼りに歩いて行きました。
すでにほとんどの店は閉まっていましたが、
3軒目でまだ営業している店を見つけ、すぐに並びました。

水が出ないのでウェットティッシュ、
最小限のカップラーメン(4つくらい)、
すでにミネラルウォーターは売り切れていて、緑茶を何本か買いました。
最悪、お茶を沸かしてお湯がわりにラーメンを食べられると思ったからです。
それと電池。ラジオが聞けなくなってはおしまいでしたので。

並んでいるあいだに、コンビニの店員さんが
「レジの非常電源がなくなりそうなので、
 今並んでいる方でもお買い物できない場合があります」と言い、
店内全体がやや危険な空気になりました。
私は買うことができましたが、うしろの方はどこまで買えたのでしょうか…

買い物のあいだにすっかり夜になっていました。
帰る途中で懐中電灯の豆電球が切れてしまいました。
車のヘッドライトしか灯りのない中、
地割れや隆起したマンホールに気をつけながら歩いて帰りました。

家に帰ると、電話の通じなかった家族が帰ってきていて、とてもほっとしました。

水がないので、電気ポットに残っていたお湯を反射式ストーブで沸かして、カップ麺を食べました。
カレーヌードル。
水がとにかくもったいなくて、節約のためにふたりで1つにしました。

ずっとラジオをつけていました。
眠るときも、ラジオがなくては怖いと思うほど、ラジオがあって安心でした。
でも、聞きたいのは「今なにが起こっているか」だけで、
時折かかる応援ソングのような曲は、心が受け付けませんでした。

真っ暗な中、灯油ももったいないので、とにかく寝てしまおうと思い、
すぐに避難できる服装で眠りました。
寝ているあいだも何度も何度も大きな余震が来て、その度に外に飛び出しました。

でも、そうした中でも、避難所に行かずに済んで本当に恵まれていると思いました。
そして、海のほうではあんなに大変な事態になっているとは、想像もしていませんでした。

これが私の経験した2011年3月11日です。



20130311_2.jpg

この写真は、2011年3月13日、近所の道路
今はすっかりきれいに直されています。







スポンサーサイト
  1. 2013/03/11(月) 23:57:38|
  2. 地震のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanawanaho.blog94.fc2.com/tb.php/125-dd2bc5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。