4時のバカっ晴れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海へ 1

深沼201106



6月29日。仙台市若林区荒浜。

おそらく、これでも相当片付いているんだと思います。
近くの工場から流れ着いたとみられる、新品のタイヤや、出荷する前のこんにゃくなどが散らばっていました。


ちなみに、現在はこの浜は通行許可証がないと入れません。
この日は知人のNPOの活動に同行していたので、海岸まで行くことができました。




  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ



  1. 2011/07/15(金) 00:55:03|
  2. 地震のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガス事情

仙台市ではガスの復旧作業が始まっていますが、
まだまだ開通していないお宅が多いです。
我が家もまだです。


石油ストーブ2


それでこんなふうに、
反射式の石油ストーブを使って、暖を取るのと同時に料理を作ったりします。


鍋の中身


この日は大根とさつま揚げの煮物を作りました。
味がしみていておいしかったです。

ほかにも、ストーブの上にアルミホイルを敷いて、
おもちを焼いたりお肉を焼いたりもします。
やかんでお湯も沸かします。


カセットコンロ


昼間はあたたかくて暖房がいらない日もあったので、
そういうときはカセットコンロを使ったりします。
火力が必要なときもコンロにしています。

ガスがなくても、冬場であれば、意外といけるものだなと思いました。


ガスがないとお風呂が使えないので、
やかんとか電気ポットで大量にお湯を沸かして、
洗面器に適温のお湯を作って、それで体を洗ったりしています。
ただ、このやりかたは体が冷えるので、
あとでこたつに入ってしっかり温まってからふとんに入ってます。

実家がありがたいことにオール電化の家なので、
3日に1回くらいはお風呂を借りに行っています。



  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
テレビに映らない被災地の様子を皆さんに知っていただきたいので、
賛同くださる方は、ぜひポチっとお願いします!

テーマ:地震 - ジャンル:日記

  1. 2011/04/05(火) 19:26:30|
  2. 地震のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水事情

仙台市内ではおおむね水道が復旧したそうですが、
道路や家屋の水道管の損壊などでいまだに断水になっているところも多いようです。
我が家もそのひとつです。


水の備蓄

地震発生後5日目 実家にて

近所の農家のお宅から井戸水を汲ませていただいて、タンクにためておいて
鍋などの洗い物やトイレの水として使用しました。
かなり重宝しました。



飲み水

地震発生後10日目 自宅

給水所で水をタンクにためてもらいました。
灯油用タンクなのは、飲み水用の白いタンクが手に入らず、
急遽購入した新品の灯油タンクに水を入れたからです。

ペットボトルに移して使っています。


洗い物

同じく飲み水用でない水(仕事場から汲ませてもらった)も、
ペットボトルに移してこのように少しずつ使って洗い物をしています。
こうして洗っていると、
食事一回分の鍋と食器でゆうに4リットルは水を使っていることがわかりました。
どんなに少しずつ水を使っても、です。

奥の洗い桶の中の水がにごっているのは、
下水に排水を流さないで庭に掘った穴に捨てるためです。
なぜそうするかというと、仙台市の下水処理場が地震と津波で一部機能停止しているため、
排水の浄化処理が追いつかず、マンホールから汚水があふれ出る危険が高いためです。

少しでも生活排水を下水に流さないように、できるだけ庭に撒くようにしています。
トイレの水はさすがに流していますが、トイレットペーパーは別にして捨てています。



お風呂の汲み置き

幸いなことに我が家はお風呂の水を捨てずにいましたので
この水をトイレの水として使っていました。
10日で底が尽きましたが、それでも、かなり重宝しました。

手前の透明なタンクに移し変えてトイレに置いておいて、使っています。



  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ

テレビに映らない被災地の様子を皆さんに知っていただきたいので、
賛同くださる方は、ぜひポチっとお願いします!


  1. 2011/03/30(水) 21:31:54|
  2. 地震のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年3月15日

おにぎり1

おにぎり2


地震発生5日目


このころはやっと、携帯もだんだんと通じるようになって、
少しずつ周りから情報も入るようになって、
自分のことで精一杯の状態を脱してきたころでした。

それでも大きな余震が怖く、
自宅から車で20分くらいの実家に身を寄せていました。


実家でみんなでおにぎりを作って、
弟の友人が避難しているところに届けたりしました。

おにぎりを作るにもまだこのころは水が出ないので、
節水のためにお皿ではなくアルミホイルやラップの上にのせたりとか
手につける水も最小限で作ったりとかしていました。

全部で1升半、50個のおにぎり。

ガソリンが残り少ないので、
弟が背中に背負ってカブで30分、走って届けました。



  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ

テレビに映らない被災地の様子を皆さんに知っていただきたいので、
賛同くださる方は、ぜひポチっとお願いします!


テーマ:地震 - ジャンル:日記

  1. 2011/03/28(月) 23:51:55|
  2. 地震のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

電気復旧の日

電気復旧1


地震発生4日目の夜

我が家にも待ち望んだ電気が来ました。

まる3昼夜、電気のない生活では
懐中電灯の明かりと、石油ストーブの明かりと、電池で動くラジオの音。
携帯の充電はもうなくなってしまってネットも見られない。
寒いので21時前にはふとんに入っていました。

復旧前日、ひとつ山向こうの家々の明かりがついているのを見て、
電気というものをこんなに待ち遠しく思ったことはありませんでした。



今日(3/25)現在、まだ水道もガスも不通ですが、
電気がついて明るいおかげで、心の平安をもって暮らしていられます。
明るいってありがたいんですね。

不眠不休で復旧作業に当たってくださっている皆様に、
心から感謝申し上げます。



  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
テレビに映らない被災地の様子を皆さんに知っていただきたいので、
賛同くださる方は、ぜひポチっとお願いします!

テーマ:地震 - ジャンル:日記

  1. 2011/03/25(金) 01:51:29|
  2. 地震のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。